ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ピラティス
  4. 更年期と ピラティス

更年期と ピラティス

運動サロンの高岡です。
今回は「更年期と ピラティス 」というテーマでお話しをしていきます!

結論から言うと更年期症状には運動が良いと言われています!
※中年期女性のテニス継続が更年期症状に及ぼす影響より引用

今回はそんな更年期症状についてと、なんで運動が良いのかを皆さんと一緒に見ていきたいと思います!

更年期ってなに?

「 ピラティス やりたいけど更年期がひどくて・・・」

そんなお声をいただくことも少なくはありません。
では、この更年期ってなんなのか。

女性は人生の中で4つのライフステージを経験します。

【思春期、性成熟期、更年期、老年期】

個人差はありますが、閉経を迎える年齢が50歳前後と言われており、この閉経を挟んだ45〜55歳の間の約10年間を「更年期」と呼びます。
ただ、閉経年齢には個人差もありますし、症状にも個人差があります。早い方で40代前半から始まる方もいます。

女性特有のホルモンには卵巣から分泌される「エストロゲン」と「プロゲステロン」があります。この女性ホルモンには排卵・月経のコントロール、妊娠・出産のサポート、女性の健康を守ると言う働きがあります。この女性ホルモンが働くことで、身体と心を健康な状態にしています。

この2つの女性ホルモンの中でも「エストロゲン」は、18〜40歳代の性成熟期での分泌が最も多く、40歳を過ぎてくると徐々に分泌量が減少していき、閉経直後から急激に減少します。

このような状態を繰り返すうちに、ホルモンのバランスや自律神経のバランスが乱れてしまい、ほてりやのぼせ、めまい、動悸、息切れなど全身の不快な症状や、イライラ、不安などの精神的な症状が起こるのが更年期障害です。

エストロゲンの減少などによる自律神経の乱れが原因

エストロゲンの減少により自律神経のバランスが乱れ、血液循環などの働きが低下して起こる症状を「血管運動系障害」といいます。その代表が、突然顔がカーッと熱くなり、汗がダラダラ出るのぼせやほてりで、「ホットフラッシュ」とよばれています。身体的な不調としては、ほかにも動悸、めまい、息切れなどのほか、耳鳴り、頭痛、こり、倦怠感など、全身にさまざまな症状がみられることがあります。

身体的症状だけでなく、精神的症状も出てきます。よくみられる症状は、イライラ、落ち込み、不安、不眠、意欲の低下など。これらは身体的症状と一緒にあらわれることもあります。日によって症状の出かたが異なることもあり、自分の意志でコントロールすることが難しくなることも多々あります。

早めに対処相手いくことが予防の秘訣

更年期障害は、症状や程度の差はあっても女性なら誰もが経験することと言われています。そのため、完全に予防や対策をするのは難しいですが、早めの対処で悪化を予防することはできます!そのためには、バランスのよい栄養、適度な運動、十分な休養、自分なりのリフレッシュを生活に取り入れる工夫が必要です。

まずバランスよく食べることが大切です。女性ホルモンが減ると骨の量が減って骨がもろくなる「骨粗しょう症」になりやすくなるため、意識してカルシウムとビタミンDを摂ることを心がけましょう。ビダミンDは椎茸やキクラゲなどに多く含まれています。また、ビタミンEには血液循環を促し、ホルモンバランスを整える働きがあります。さらに、この時期は体の代謝機能も落ちているので、カロリーコントロールをして、体重が増えないようにしましょう。

そして大切なのが適度な運動を習慣づけること。特に有酸素運動は、自律神経のバランスを整え、呼吸器や循環器にも良い刺激を与えることにつながります。そこでピラティスを取り入れながら、自分の姿勢や身体の不調を整えていくのがおすすめです!体を動かすことでよく眠れるようになったり、リフレッシュできたりします。

 

 

ご予約はこちらから!

運動サロンのインスタグラムもご覧ください♪

 

 

関連記事