ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ピラティス
  4. 寒くなると痛くなる「 膝 」もピラティスが効果的!

寒くなると痛くなる「 膝 」もピラティスが効果的!

こんにちは!
運動サロンの高岡です!
今回は「 膝 」についてです!
「 膝 」が痛くなると動きたくなくなりますよね…
でも病院に行ったらリハビリ辛いし…
なんて経験はありませんか?

この膝痛改善にはとても大切なことが2つあります!

それは、膝の正しい動かし方を知ること適度な運動です!
ではなぜなのかを一緒に見ていきましょう!

「 膝 」の正しい動かし方〜2つの不良姿勢〜

「膝 」の構造上、前後に曲がる動きには適していますが、ねじれる(ひねる)動きにはとても弱い関節です。

この膝が捻れた状態が続いてしまうとO脚やX脚といった膝からくる不良姿勢が起きてしまいます。
この不良姿勢が起きると、太もも側の「大腿骨」とすね側の「脛骨」が捻れてしまい、動くと痛みが発生します!
膝の正しい動かし方、位置というのは膝のお皿と足の人差し指が同じ方向を向いた状態です。
ぜひ皆さん、自分の足元を確認して見て下さい😊
その一直線のラインで膝の曲げ伸ばしをするということがポイントになります!

「 膝 」が痛い時の適度な運動

あまりにも「 膝 」が痛くて腫れていたりしたときは無理をしないようにしましょう。

慢性的に痛い場合などは、適度な運動がおすすめです!
なぜかというと、痛みがあると人は動きたくなくなります。そして、筋力が落ちたり関節が動かしにくくなったり…そうなるとさらに痛みも出てきて動きたくなくなります。

負のスパイラルに入っていき、痛みが慢性化してしまいます!
そうならないためにも適度な運動がおすすめです!

こちらのインスタグラムの投稿でも膝に関するストレッチなどをご紹介しております😁

「 膝 」にもピラティスが効果的!

変形性膝関節症の方に運動療法として、ピラティス専用器具であるリフォーマーを使用している方々の論文で、自重で行う運動よりもリフォーマーを使用した後の方が、歩き方が改善したり患者さんの自己効力感が得られるケースが多いという報告があります!

筋力増強という観点だけにこだわらず、筋の機能を引き出し、それをいかに日常生活の改善に繋げていくという点では、変形性膝関節症の膝が痛い方にに対して、ピラティスより効果的であったとも述べられています!

従来のリハビリで行う運動よりも膝痛が改善したケースが多いということです!

というように、膝痛にもピラティスは効果的な運動ですので、膝痛に悩んでいる方はぜひ一度お試しください♪

ご予約はこちらから!

運動サロンのインスタグラムもご覧ください♪

 

関連記事